タグ

5600.jpg
明日、G-SHOCKのオリジナルモデルのデザインの新機種である5600系の電波ソーラー化モデルである、GW-5600が発売になります。
実は自分は、もう入手して、持っているのですが。(笑)
ちなみに、この5600系はG-SHOCKのオリジナルデザインのモデルです。
(俗にスピードモデルとも言われています)
1983年に出た、DW-5000C以来続いているスクエアなジャパン・オリジナルなデザインですが、この初代機は北米では大ヒットしましたが、当初日本では不人気モデルだったそうです。(苦笑)
当時は、デジタル時計=安物の認識だったのです。
いくらショックに強い画期的な時計でも駄目だったんですよね。(笑)
ですが、海外では人気になりまして、この後のDW-5600Cというモデルが映画「スピード」で主人公が付けたり、湾岸戦争でも兵士が付けていたりと、じわじわと 話題になって、その後日本でもヒットしました。
でも、自分はこのデザインは、あまり好きではありませんでした。
ちょと安っぽいのと、当時の自分には合わないような気がしたからです。
DW6600.jpg
ですから、自分はG-SHOCKでは、ずっとこのDW-6600を愛用していました。
ちなみに自分の愛用している、6600というのは海外専用仕様のモデルで、日本仕様のDW-6600C1Vと違って「G」のマークが浮き上がらない、欧米的な上品な仕様なのです。(笑)
これが購入の決め手でした。

これが子供っぽいデザイン?な日本仕様です。
自分は、「G」の文字を表示させる意味が分かりませんでした???
でも当時は、これがいい感じで、とても流行りました。
このELバックライト機能は、第二期のG-SHOCKブームの人気の立役者でもあります。
DW6600C1V.jpg
また、この5600系のデザインは、どうも安っぽい感じがしたのと、サイズの面の問題で新機能の追加が遅れていて、機能の点でも遅れているのも敬遠していた一因でした。
自分はデジタル=先進的という古い考え方ですし。(笑)
しかしながら、この遅れてきましたが新型のGW-5600は、遂に電波ソーラー化です!
個人的には、このモデルにはもう拒絶する理由はありません。(笑)
という事で、遂に、やっとオリジナルのデザインのGW-5600を買いましたが、大満足です。
ソーラー電波装備の性能にも、全く文句がありませんし、シンプルかつ必要最適源の諸機能にも満足です。
自分は、機械式の時計も大好きですが、機能的なこのデジタルのG-SHOCKもいいですよね。
やっぱり携帯の時計表示より、こちらのがいい感じです。(苦笑)
本当に普通のデザインながら、常に進化しているジャパンオリジナルに乾杯!
安い商品ではありますが、その志は、まるで、リーバイス501、ポルシェ911、iPodの様な不変さを持っちつつ進化する定番商品の様な存在ですね。
ポルシェ911の言葉を借りれば、「最新のモデルが最高のモデル」ですね。
常に進化しているのです!
ただ、偉大な先人を持つと後に続く者は大変ですね。
ポルシェが911の偉大さに苦悩している様に、最新型のG-SHOCKのデザインもそうですよね。
決定打が有りそうで無い状態で、デザインが雄弁に物語っています。(苦笑)
GW5600j.jpg
でも、未だに世界中で愛される、こういう製品があることを、日本人として誇りに思います。
願わくは、E-1もこの中に入ることを願います・・・
では、また。
関連リンク
初代デザインを継承した電波ソーラー“Gショック発表”

広告