タグ

714.jpg
先日、オリンパスから、フォーサーズ規格であるデジタル一眼レフであるフォーサーズシステム用の超広角レンズのZUIKO DIGITAL ED7-14mm F4.0についての正式発表がありました。
2005年3月上旬発売予定
236,000円(税込247,800円)
だそうです。
性能からすれば、とても妥当な値段だと思います。
でも、ちょとでも安く欲しいなぁと悶々しているうちに、初のレビューが載っていました。
やはり予想通り、超高性能の超広角レンズだそうです。
唯一、少々ゴーストが出やすいそうですが、自分は色収差や画像の流れ、画面四隅の光量落ちが無いのでしたら、フルサイズのデジタル一眼以外の、デジタル一眼では唯一無比の焦点距離の超広角ですし、少々のゴーストも「レンズの味?」で許せそうです。(笑)
しかし、問題は値段と使いこなしの難しさですね。
超広角ですから、上級者レンズですので、これで何を撮るかも問題ですね。
色々と、想像力が膨らむレンズですね。
うーん、大丈夫でしょうか???(苦笑)
    ↑
   何が?
そして、遅くなりましたが、遂に、松下電器とオリンパスのフォーサーズシステム提携も決まりました!
松下はLUMIXブランドでフォーサーズシステム用の製品を出すそうです!
早ければ2006年春だそうですので、こちらも楽しみですね!
また一説ではE-300の人気により、E-SYSTEMが、デジタル一眼のシェアの約10%~15%を占めているそうです!
どんどんフォーサーズシステムが人気になれば幸いです!
がんばれ、フォーサーズ・システム!
関連リンク
オリンパス「ZUIKO DIGITAL ED7-14mm F4.0」発売時期、希望小売価格ならびに主な仕様についてのお知らせ
超広角2倍ズームレンズ「ズイコーデジタルED 7-14mm F4.0」の発売について
オリンパスと松下電器、レンズ交換式デジタル一眼レフカメラの共同開発で合意

広告