タグ

cocofarm.jpg
日本のワイナリーというと、海外に比べると、あまり品質的にもいいイメージがありませんが、丁寧に作りますから、いいワイナリーもたくさんあるのですよね。
有名なのは山梨等ですが、他にも沢山あります。
先日、ちょっと気になって行ってきたのが、栃木県の足利市にあるココファームです。
1950年代に勉強が苦手な少年達が、山の急斜面を切り開き、600本余りのぶどうの苗木を植えたのが始まりで、1980年代に本格的なワイン造りがはじまり、海外からも醸造家を招聘し、精力的に活動して、現在に至っています。
ほとんど無名だった、このワイナリーの名前が一躍有名になったのは、2000年夏の沖縄サミットの首里城での晩餐会の乾杯用に、このココ・ファーム・ワイナリーのワインである、「NOVO(のぼ)」が使われたことによります。
それ以来人気ワイナリーとなっていますが、現在でも、このココファームのワイン達は、品質の評価も高いままで、かつ値段もリーズナブルな良いワインが多いワイナリーです。
自分は、まだまだお酒は注意して飲まなければいけないのですが、こういうお酒ならば体にもいいはずだ?と思って、せっかくですので、何本か買ってきましたので、栓を開ける日が楽しみであります。(苦笑)
でも、もうちょっと早く行って、COCO FARM CAFEでも、ちょっと食べたかったです。
こちらも体に優しいメニューだそうです。
次回の訪問が楽しみです!

広告