タグ

RDR-HX70isGood.jpg
ちょっと突然だったのですが、悩んだ結果、ソニーのHDD/DVDレコーダーのスゴ録を購入しました。
購入後、ソニーの業績不振の原因にこの商品の価格下落が語られていますが、良い商品です。(苦笑)
その他のメーカーでは、パイオニアや松下、東芝も魅力的だったのですが、自分は結局ソニーに決定です。
ソニーは勝手に番組を録画してくれる「おまかせ・まる録」という機能があるので、いろいろと散歩とか仕事とかで、退院後、時間の使い方が変わった自分にはタイムシフトが可能なのも魅力なので、とても良い商品だと思って購入しました。
ただ、自分はあまりTVを見ない人なのです。(苦笑)
それでも、TV番組にやきもきしないですむので、精神衛生上も、いい機械だと思います。
ただ使い込んでくると、基本的にTV人ではないはずの自分が、将来はWチューナー搭載でWのHDDがあるといいとか、録画したものをもっと見る時間が欲しいとか、強力な倍速再生が欲しいとか、感じ出すのが、この製品の凄いところです。(苦笑)
ところでこのスゴ録(というか最近のHDD/DVDレコーダー)、電子番組表(EPG)の活用がウリなのですが、当然購入直後は入っていません。
セットアップ後、TV電波に乗ってやってきます。
ちなみにスゴ録は、特定のキーワードやテーマの番組や、番組の放送時間の延長、変更等を、この電子番組表から読み取って推測し、勝手に録画してくれる優れものです。
そこで設定するのですが、今の家電製品とというのは本当に簡単に設定できるようになっていまして、接続後、自分の住んでいる地方を選べばOKで、とても簡単です!
ですが、ここに大きな落とし穴が・・・(苦笑)
接続後は、大体一日くらいで、最初の電子番組表のデータが来るのですが、今日帰宅して確認しても番組表がありません???
「番組表情報がありません」
あれっ???
うーん???
いろいろ原因を考えたのですが、何と最初の設定が間違っていたのです・・・(苦笑)
最初の設定に載っていた自分の近くの地方名だとTV電波は全てUHF扱いですが、自分の家の電波はVHFなんですよね。
そうか、自分はTVの放送地区はかろうじて首都圏なんだな?と複雑ながら思いつつ、首都圏に再度設定しました。(笑)
こんな超初心者的なミスがあったので、楽しみにしていた電子番組表が来るのは、さらに後日になってしまいました。
でも、翌日成功しました。(笑)
そして、使い込んでくると、ちょっと気になったのが、電子番組表のあいまいさですね。(苦笑)
例えば・・・
「仮面ライダー・ブレイド」って番組、普通どう検索しますか?
当然「仮面ライダー」とか「仮面」とか「ライダー」で番組表は、ひっかかると思いますよね。
ところが電子番組表上の番組名は「ブレイド」でした。
何と「仮面ライダー」ではひっかかりません。(涙)
こればかりはTV番組表の問題なのでどうにもできませんが、こういう場合、パイオニアの辞書機能は強いのでしょうね?
ただ、ソニーの場合、一回番組を設定し「追跡」にしておけばかなり番組表がいいかげんでも追いかけてくれるそうで安心です。(笑)
でも、あまり考えずに機械に勝手に番組を録ってもらうのが一番なのかもしれませんね?
うーん???
また便利なのが自動でチャプターを打ってくれる機能です。
通常のレコーダーでは、音声がステレオやモノラルという部分を推測してチャプターを区切るらしいのですが、ソニーの場合は画面の切り替えを判断しているそうで、とてもお利口です。
個人的には、この機能も気に入っています。
また、新開発の1チップICなんですが、新スゴ録シリーズには全て搭載されていまして、この高画質回路「スゴロジック」が秀逸です。
通常DVDのビットレートは最高ででも約10Mbpsなのですが、スゴ録の場合、HDDにその1.5倍の約15Mbpsで書き込むことが出来、動きの激しい場面でもブロックノイズが抑えられます。
そしてその元データからDVDに最適なビットレートを割り当ててダビングも出来ます。
それにしても何よりも、とても便利でお気に入りです!
ちょっと期待していなかったのですが、満足度高いです!
かなりお気に入りです。

広告