タグ

LafestaSky.jpg
最近、日本車のデザインが非常に素晴らしいと思います。
以前は、デザインのためのデザインのクルマが多かったのですが、最近は驚くくらいに非常にいいデザインのクルマが増えてきています。
実際、フェラーリのデザインを担当しているイタリアのピニンファリーやアウディのチーフデザイナーは日本人です。
現役のピニン・ファリーナの奥山さんは言うまでも無く、アウディの和田智さん、元オペルの児玉さんやイタリアの内田さんも有名ですよね。
そう考えると日本車のデザインも馬鹿にならないと思います。
ただ、まだまだ内装の質感やクルマの操作感ではヨーロッパ車のが一日の長がありますね。
ですが、徐々にその差は縮まってきていると思います。
そんな日本車の中にあって、最近気を吐いているのが日産とスバルですね。
スバルはアルファロメオからアンドレアス・ザパティナス氏を招聘しデザインに力を入れています。
(ちなみに、このR1,R2はスペインの方のデザインだと言われています)
R1.jpg
そして日産は、いすゞのビークロスで世界を沸かせた中村史郎氏がいます。
個人的にも、スバルのR1や日産のラフェスタはいいと思います。
特に、このラフェスタ、最初は拒否反応しかなかったのですが、価格とデザイン、機能性を考えると非常によく考えてあります。唸るクルマですね。
また、このパノラミックルーフは素晴らしいアイディアだと思います!
自分はオープンカーやサンルーフ好きなのでこれだけでOKです。(笑)
この地味なフランス車にも通じるコンセプトは素敵ですね。
贅沢ではないけれども豊かな生活が見えるデザインです。
Lafesta.jpg
それにしても、ラフェスタのデザインは奇をてらっていないようで新しいデザインを提案しています。
一見地味に見えますが、なかなかのデザインですよね。
後で、ディーラーに見に行ってみようと思っています。
今年は欧州のカーオブザイヤーはプリウスでしたし、日本車も馬鹿に出来ないとつくづく思います。
(ちなみに次点はシトロエンC4でした)
では、また。

広告