昨日、大阪のハービスホールでE-300体験フェアが開かれたそうで、早速いろいろとレポートが上がっています。
ちょっと気になる点をピックアップしてみます。(笑)
尚、結論としては、やはりコンパクトデジカメからのステップアップの方向けと言うか、一般向きの感じの造りで、これはこれでいい感じみたいですね。
その中でも、気になるのがシャッター音の件です。
やはりポロ光学系とサイドスイングミラーを採用した効果で、元々ミラーが静かなフォーサーズ機のミラー音が更に静かになっているみたいですね?
話では、シャッター音は電子音も出せる?という話もあり、そうだとすると非常に静かだと言う事になりますよね。
スナップに最適かもしれませんね?
いつでも持ち歩いてもらいたいという開発者のインタビューを読んだ記憶がありますが、その通りの出来の様な気がしますね。
そうすると、ちょっとプラスチッキーだとか暗いという話の標準レンズも、E-300にはジャストフィットなのかもしれませんね?
コンパクトデジカメからステップアップする一般の方には逆に、たくさんボケない方がいいかもしれませんし?
また、一眼の場合、シャッターの振動を抑えれば手振れ補正と同等迄もいかないものの、かなり手振れ写真は減らせると思います。これはわざわざボディをしっかり作った効果でしょうか?
質感は価格相応だそうですが、ボディはしっかりしているとう評判が多いですね。
話では、E-300のボディは300mmF2.8でも大丈夫な剛性を確保していると言う話ですし、やはりしっかりしているのでしょう?
また、起動も早いみたいですし、ファインダーは、かなり小さいながらも、アイピースから目を離しても全体が見えるそうです。
E300Finder.jpg

これは、まるでレンジ・ファインダーのカメラ的な雰囲気ですね。(とは言っても、ファインダーの枠外は見えませんし、視野率は100%でも無いので、厳密には違いますが)
実際は、イメージ的にE-300のオリジナルと言える、ペンFの雰囲気なのでしょうが。(苦笑)
自分はこれはデザイン的にも、RF機みたいに使うのもいいなぁと思っていますので、これはこれでありでしょうね。
早く単焦点レンズとかが欲しいですね。
また撮影後の写真の再生拡大がE-1の最大4倍から10倍にあがっているという情報も未確認ながらあります。
なかなかいい製品の様な機がします。
期待の、正式サンプルは、25日にWEB上で発表されるそうです。
おそらくパッと見ると、一般向けということもありシャープで発色のいい絵の様な雰囲気がします。
先日の非公式?サンプルを見る限り、階調もいい感じです。
ただ標準レンズが、ちょっと優しい描写の様な気もしますが。
もしかしたら、普通に見るには、E-1より良さそうな予感がします。(苦笑)
でも、E-1にはE-1の良さがあるので、自分は当分E-1使いますが。(笑)
ですが、E-300も気になりますね。
では、また。

広告