CCD.jpg
E-1やE-300には、CCDに「ゴミゼロ装置」であるスーパーソニックフィルターが付いています。
これのおかげでいつも幸せな画像が得られます。(笑)
(参考資料)
公式のゴミゼロムービー(ナローバンド用)
公式のゴミゼロムービー(ブロードバンド用)
非公式のゴミゼロBBQムービー(笑)
この「ダストリダクションシステム」SSWF(ゴミゼロ装置)は、CCDのローパスフィルターとシャッターの間にスーパーソニックウェーブフィルター(超音波防塵フィルター)を設置して、ゴミゼロを実現しています。
もしかしたら、この装置は撮影画像に何か影響を及ぼして100%の画像を出し切れていないのでしょうか?
ですが、この超音波防塵フィルターの影響は、ほとんど無いと言われています。
この場合一番影響しているのはローパスフィルターです。
これがデジカメの画面が、銀塩比、あまりシャープでない原因と言われます。
良く話題に出るCMOSのFOVEONやKODAKのDCSはローパスフィルターが無い故に、とてもシャープな画面が出ると言われています。
尚、FOVEON方式以外のCCDやCMOSは原理上、偽色が発生します。
また、FOVEONは偽色の問題が無いので解像度も同じ解像度のCCD(CMOS)の、約3倍程度のシャープさがあると言われます(3色分×CCDの画素数)が、3CCDと同じ原理のため、少しCCDの感度が低い問題が発生します。
(SD10では、ISO感度は100・200・400・800・1600相当も可能になっていますが)
ちょっと前にE-2にFOVEONの1200万画素っていう話題があって非常に盛り上がったのも記憶に新しいですね。
もしかしたらE-3はそうかもしれませんが?(笑)
まぁ、こういう構造上の優位性もあって、いろいろ期待されていますが、まだまだの様な気もします。
また、KODAKのDCSの場合は、CMOSなのでローパスフィルターが無いという事は不可能なのですが、そこはKODAKというか、内部のソフト処理で擬色を軽減していて、結果、切れ味のいい画像を実現してます。
ちなみに、このローパスフィルターと言うのは、遮断周波数を設定し、それ以下の周波数の信号は通過させ,それ以上の周波数の信号は減衰させる構造のフィルターです。
簡単に言えば、デジカメの場合、画像をぼかして結像させることで擬色を減らすもので、シャープネスを低下させる原因にもなるのです。
ですが、解像度と擬色の問題を考えた場合、偽色は画像のハイライト部分や色の境目に、モアレが生じてしまうので、防止するのは当然です。
良くTVで斜めチェックのネクタイや、服等の色がにじみますよね?
それが偽色です。
ちょっと長くなってしまいましたが、SSWF(ゴミゼロ)のフィルターは、ローパスとは違う本当に透明な光学ガラスだそうなので、画質には影響が無いと言われていますし、ZUIKO DIGITALの場合、ローパスフィルターやCCDの事迄考えて、完全デジタル設計のレンズを作っているそうで、凄いですよね。
ですから、自分はこのレンズの性能を生かしていないというか、E-1の性能がまだまだレンズを生かし切っていない様な気がする原因はCCDの性能というか、現在のCCD技術自体の性能に由来すると思います。
ZUIKO DIGITALは、大体1000万画素以上、一説には2000万画素付近を想定して設計・製造されているそうです。
単純計算でも、まだ1500万画素分もレンズ性能に余裕があります。
とは言っても、自分はE-1のCCDとZUIKO DIGITALレンズ、画像処理エンジンの組み合わせが出す画像は、下手な高画素機以上の性能を持っていると思っています。
でも、確かにライバルが800万、1200万、1600万とスペックアップしていると・・・
実際は、更に高画素機になると、手振れやピント精度や感度の問題も出ると思うので、E-1登場当時の500万画素と言う選択は自分はバランスを考えると好バランスだったと思うのですが、次期機種と噂されるE-3?では、パワーアップしてもらいたいですよね。
ですが、自分はE-SYSTEM(フォーサーズ規格)には、画質もそうですが、手持ちの機動性が高い点も重視していますので、いくら高画素になっても、三脚にセットしないと駄目なんてカメラになってしまうのなら800万画素くらいで十分です。
そう言う意味では、早く手振れ補正も欲しいのですが・・・
フォーサーズは、35mmカメラのサイズのまま、再設計しデジタル最適化し、35mm本来の姿の機動性を重視したフォーマットなんですからね。
またZUIKO DIGITALレンズは、フィルムとCCDセンサーの構造上の違いに対応していて、きちんと垂直に光を当てる様になっています。
(これをテレセントリック光学系設計と言います)
オリンパスは真面目ですから、レンズだけでなく、レンズの筒中の塗装などが悪影響して、乱反射してCCDに変な光が行かない様にしているそうです。
実際、CanonやNikon、その他のメーカーが、当初35mmレンズの流用で十分と言っていたのにも関わらず、結局デジタル専用レンズを出して来たのは、コストの問題もありますが、その現れでしょう。
やはりデジタルのが要求性能がシビアなのでしょう?
ZUIKO DIGATALのMTFが従来のレンズ比で約二倍の数値を誇るのも、CCDが35mmフィルムよりも小さいからだけではないと思います。
早く、このレンズの性能を十二分に生かすボディを見てみたいですね。
でも、今の自分には、まだまだE-1で十分です。(苦笑)
では、また。

広告