hollyday.jpg
先日、デジカメのDPEという件で、デジカメでもプリントして楽しもうという事を書きましたが、タイムリーな事に、デジカメのプリントサービスでも興味深いものが出て来ました。
まずコニカミノルタの匠プリントサービスです。
特に凄いと思ったのは、その品質です。
高性能デジタルプリンターを利用して、デジタル銀塩プリントとしては現在最高レベルの解像度400dpiのプリントが可能。
また、プロ向けの印画紙を使用し高濃度領域で色再現の幅が広がり、これまで以上に色が引き締まったプリント仕上がりが可能。
使用印画紙の面質も光沢・微粒面・超光沢・クリアの4種類が用意されるという事です。
また、写真展向け作品作りに活用できるパネル加工サービスもOKだと言う事です。
その他にも、キャビネサイズ(130×180mm)ながら、透過光のライトボックス加工もOKだと言う事です。(これ、いいんですよね!)
ちなみに、匠プリントのトップ画面はこちらです。
また、artbookという本格的な写真集を作成するサービスも始まったそうです。こちらは私製の写真集等を作るにも向いているそうです。
インクジェットも凄い進化ですが、旧来のプリントも色々頑張っていますよね!
デジカメ化でPCで写真を楽しむ時代だと思いましたが、どっこいプリントは、更にとても楽しい時代かもしれませんね。
では、また。

広告