タグ

噂の、EOS 20Dが、出ましたね!
新開発の約820万画素大型単板CMOSセンサー(APS-Cサイズ)と、「DIGIC II」を搭載することで、高精細・高画質・自然な色表現を実現、また、新開発の広視野・高速・高精度9点測距AF他、カメラ背面にAFフレーム選択などの各種設定がより直感的に行えるマルチコントローラーを新たに搭載するなど、優れた使い勝手を実現しています。
正直、一番驚いたのは、これって・・・
もうαデジタルと、E-1を狙い撃ちの機種ですよね。(笑)
一説には、EOS Kiss Digitalは、フォーサーズの噂に振り回されて、フライングだとも言われていますが。(笑)
さすがCanon、今年もやってくれましたね。(笑)
もう、他のメーカーを根絶やしにする勢いです・・・
また、今回正式に、CanonはEF-Sを正式なレンズラインナップに加えたということは、そういう事ですね?
フルサイズは、一般向けでは無いと、暗に表明した様なものですね。
うーん、やっぱりフォーサーズのバランスっていうのは、いいフォーマットなんだなぁと負けおしみです。(笑)
でも、今後、このEF-SがCanonのメインになって行くのでしょうね?
個人的には、ミラーが後退する仕組みとそのフィーリングが嫌なんですが・・・
今回は、連写も達成しましたし、凄いなぁキャノンの技術力って・・・
やっぱりフルサイズというのはは、中判のデジタル化への世界、という方向なのでしょうね。
もしくは、デジタルを機に、中判へのCanonの進出ですね。
でもやっぱり、CCDのサイズは、APS-Cか4/3が、35mmカメラのサイズを理想とすると、性能、コスト的にも一番無難なサイズなんでしょうねと再確認です。
しかしそれにしても、Canonは、スーパーUDレンズとEF-Sを使って、広角レンズをいい感じに仕上げましたね。
頑張れオリンパスの、11-22mm!(苦笑)
でも、いつも自分が話している、あの11-22mmを買わずに待っているくらいの、噂の、4/3用の超広角ズームは、35mm換算、約12-32mm/F4(超広角ズーム)の予定だという話もあります。(自分は16mmだと思っているのですが)
出来れば、この両レンズの描写を比べてみたいものです。
良い感じで、競争が出て来て、いいですよね。(苦笑)
尚、実は、EOS20Dで、個人的に一番気になるのは、あのジョイスティックです!
これは、コンタックスのN1(銀塩)にも付いているものでして、とても使いやすいので欲しい機能なんです。
(N1の場合は、黄金分割AFと言っていましたよね)
また地味ながら、周辺に迄、きちんとAFセンサーを配置しているのは凄いです。
周辺に置くのは、コスト的、精度的にも、けっこう難しいんですよね。
しかし、この仕様って、まるでコンタックスN1?(笑)
うーん、あの機種は、やっぱりいいんだなぁ???
では、また。

広告