写真家の宮嶋康彦さんのWeb日記「Today’s Shot!」に、景色は、人の都合に合わせて進化というか変化するものだという話がありました。
正直な所、最近、自分の地元もどんどん景色が変わりつつあり、しかも改悪の方向なので、非常に心を痛めてもいます。
自分の街も、けっこう自慢出来る街並なのですが、どんどん破壊されて、駐車場や洋風のハウス住宅になっていってしまっています。
戦争で破壊されなかった街並を、自分たちで破壊しています。(まぁ、うちも立て替えてしまったですが・・・)
ただ、実際はこの世には常ならぬものはありませんよね。
昔の人は、それを「無常」と言いました。
今、「無常」という言葉は、冷たいとか、ちょっと別の意味に使われていますが、原意は違います。
「常ならぬもの」という意味で、この世は流転するもの、変化し続けるものだという意味もあります。
でも、こうあるべきだとか、こうでなければいけないとかというのもよく考えてみると、自分の都合です。(苦笑)
そうなんですよね、どれが正しくて、どれが悪いなんていうのは、誰も決められません。
全ては、後世の人が決めることです。
それで、いいんだと思います。
でも、一生懸命頑張るという事は、諸行無常ではありますが、大切な事だと思います。
それは、自分で分かる事ですよね。(笑)
何事にも一生懸命やりたいものです。
では、また。

広告