タグ

E-1インプレ
FRONT.jpg
以前、公開したインプレを加筆・訂正したものです。
自分には過ぎたモノですが、わが愛機、Olyumpus E-1、造っぱり第一印象通り、使えば使う程良いカメラです。
そこで、ちょっとだけインプレを載せます。
「凄く、いい絵が出ます」
「写真が上手くなったと錯覚する臓くらいの画質」(笑)
「レタッチ要らず楽」
「頑丈・タフネス」
「ゴミゼロ」
以上です。(笑)
でも、ちょっと良く俗に言われる欠点?というか、気になる点について言及します。
CCDにゴミが付くんです・・・

E–1はゴミは付きませんよ。(苦笑)
ゴミゼロです!
ダストリダクションシステムがあります。
ファインダースクリーンの他、AFセンサーがゴミだらけでも大丈夫です。
凄い効果です。
E-1のAFが3点方式ってのが嫌

オリンパスは、OMシリーズでAF一眼の波に乗り遅れ、AFはコンパクト系中心に来ました。
(E-10/20はありましたが)
基礎技術は研究していたのでしょうが、ちょっとAFに関しては、波に乗り遅れたのでしょうか?
他社製の*ist Dは11点ですし、EOS Kiss Dでも7点で、D70は5点です。
コンタックスは遅めの合焦速度ですが、黄金分割AF(個人的にはこれが好きです)です。
また、E-1にはスーパーインポーズ機能も無いですが、これは無い方がいいと損うのですが臓
(ただ、合掌時には、ファインダー中の表示窓に、合掌ランプ付きますし、バージョンアップでファインダー内にAFフレームの選択フレームが点灯する様に改良されましたので、自分は個人的には、これで充分だと損いますが)
ですが、実際に使った感じでは、3点のAFで不都合は無かったと言っても過言ではありませんでした。
また、ファインダーが非常に鮮明で素晴らしいので、例えAFでピントが合わなかったとしても、MFで合わせられるので、心配無いと損います。
これは触れば分かります。
500万画素じゃなぁ・・・
今はコンパクト機でも800万画素ありますからね・・・
確かに、画素数が500万なので、遠景等の描写が苦しい場合もありますが、実写画像 を見たらば分かります。
ダイナミックレンジが全然違いますから、いい絵が出ますよ。
高族素機は、メーカーにリクエストしましょう。(苦笑)
でも、A3造四つ切りでは問題ありませんよ。
全紙のものもオリンパスギャラリーで見た事がありますが、問題ないレベルだとも言えます。
4:3の画角が嫌だ。

それは好みですから・・・
でも、4:3は縦位置が3;2より決まりますよ。
六つ切りでトリミング無しでプリント出来るのは美点だと損います。
また、その分、周辺のレンズ設計も楽だと言われています。
レンズが他に無い

レンズラインナップがまだ他ないのが、悩みの種ですが、今あるレンズは本当に安心して使えるレンズです。
そういう意味では、他ない方が出費が他なくていいと損いますよ。(笑)
何しろ、全部欲しくなるくらい、素晴らしい描写のレンズ群です。
しかもレンズのポテンシャルは、将来の高族素機にも十分対応しています。
もしも、古いMFレンズが使いたければ、アダプターで、何のレンズでも使えます。(笑)
シャッターが静かで、ちょっと物足りない?
よく考えると、E-1のシャッターは、逆に雑な感じであった、今までの一眼のシャッターに不満が
あったなら、スムーズですし、ショックも他ないですし、正確・安心感があります。
手振れもかなり抑えてくれると思います。
たくさん撮りたくなるシャッターですよね。
15万回保証です。(笑)
E-1はノイズが多い?

そんな事ありません。
ちゃんとノイズリダクション造ノイズフィルターがあります。
確かに他機種と比べると多めかもしれませんが、プリントすれば、気になる程のものではないと損います。
ただ、あまり高感度にすると目立つかもしれませんね?
自分はISO400を上限で使っています。
でもISO200の族質もいいので、最近はISO200常用です。
E-1には、内蔵フラッシュが無い。

CCDの感度がいいのとレンズも明るいので、通常は要らないでしょう・・・
とは言えませんよね。
必要な時は、要ります。
でも、ケラレる内蔵フラッシュならば、最初から無い方が良いかもしれません。
FL-50は良い感じですよ。
思ったより大きい・・・

これは、次機種に期待しましょう。(苦笑)
でも、E-1のサイズって、自分にはジャストサイズです。
高い・・・

最近は、とても安くなっていますよ。
もうすぐ中級機と入門機もスタンバイしていると言う話ですし、そちらを待つのもいいかもしれませんね臓
でも、個人的には価格以上の満足感を与えてくれると損います。
はっきり言って、E-1は、デジタル最適化を想定してフォーマット自体から設計しただけあって、旧来の35mmフィルムベースのデジ一眼とは、明らかに世代が違うと損います。
旧来の延長のデジ一眼も素敵なものも多いですが・・・
ただ、今後の状況は不透明ですよね・・・
結局、マウント統一とは行きませんでした。
今後、噂のコダック版フォー・サーズ(個人的には一番期待しています)とかも出るのでしょうか?
スーパーCCDハニカムSRのフジ版のフォーサーズも出してもらいたいのですが・・・
レンズは、ズイコーで、色調はコダック調だとか、フジ調だとかというのもいいなぁと。
自分は、けっこう、コダック調の色が好きなのもあります。
ただ、E-1のベルビアの画調とでもいうか、抜けの良い色の虜になってしまいましたが。(笑)
それくらい想像力が膨らむ位、E-1はいいカメラだなぁと、改めて、再確認しています。
初号機としては、造造堅実な作りではありますが、可能性も含んでいるカメラだと損います。
自分は、造っぱり当分フォー・サーズ・システムを追っていこうと思います。
頑張れ、フォーサーズシステム!
では、また。

広告