コメントをしようかどうか悩んでいたのですが、コメントしている方のBlogも見つけたので、写真が好きな者としては、やっぱり自分もコメントをしておこうと思います。
「決定的瞬間」で有名な、写真家カルティエブレッソンさんが死去されました。
というか、まだお元気だったんだなぁというのが実感でした(95歳でした)
自分は、あのロバート・キャパと一緒に、写真家集団マグナム・フォトをパリで設立した方というイメージでした。
あと、ライカですね。(笑)
また、戦争中に捕らえられ、収容所で死刑宣告を受けた時は、ニューヨーク近代美術館が追悼展を開催された事もあったそうで、あの温厚な写真と顔からは想像出来ない、意志の強さも感じていました。
20世紀の写真に大きな影響を与えた方ですが、晩年は、あまり写真を撮らなかったのも記憶しています。
(元々画家志望だった方なのですよね)
しかし、改めて写真を見直しましたが、唸りますね!
こういうのを見て、写真がどうということは愚問ですよね。
写真って、技術より心なんだなぁと思います。
せっかくですので、ちょっとリンクを張っておきます。
その1
その2
その3
その4
その5
でも、こう見ると写真て、やっぱり凄い力を持っているんだなぁと痛感です。
追悼。

広告