素朴な疑問ですが、果たして、普通の人にとって、デジ一眼というのは必要かという、根本的な疑問がありますよね。(笑)
実際、コンパクトハイエンド機の画像でも、もう充分だとも言えますよね。
そんなに目くじら立てなければ十分だと思いますし、このクラスでも使いこなすのも大変です。
普通は、ハイクラスの一体型で、もう充分ですよね。
上手い人は、携帯だって、下手な一眼より上手い写真を撮りますし。
値段も高いですし、実際、そこまでのものが、必要なのかな?とも思いますよね。(笑)
銀塩で、あの価格を出せば、高級機とか買えますしね。
でも、やっぱり一眼という形式が、期待させるのでしょうね。
オリンパスの社長さんのE-1の発表会 の社長さんのコメントに、
「過去、銀塩カメラで好評を博していた時を遙かに超える開発人員を投入した」
「本気という生やさしいものではなく、オリンパスは気が狂ったのかと言われるほどの決意を持って開発に望んだ」
という言葉があったそうですが、ある意味これが象徴していますよね。
不謹慎ですが、ある意味F1レースに出る様なものでしょうか?
技術者にとっては、「夢」なんでしょうね。(笑)
そして買う方には、性能もあるのでしょうが、「所有欲」が大切なのかもしれませんね?(笑)
そう考えると、ちょっと納得、作りも良さそうですしね。
自分は、小雨でも大丈夫な防滴性能や、防塵性能、ダストリダクションシステム ですね!
ゴミゼロですね。(笑)
製品の効果の動画 はこちらです)
そういう細かいこだわりの部分が、所有欲を満たすのでしょうね?
でも、ゴミゼロ以外にも、その画像と作りもE-1は素敵ですよ!

広告