タグ

良く、デジタルと銀塩を一緒に思っている方が多いので、CCDは大きければ、大きいほどいいという信仰が、根強くあります。特にデジタル一眼の登場は、その傾向に拍車をかけました???
特に今も根強いのは、35mmフルサイズ待望論・・・
まぁ、50万円くらいのレンズを買える方だったら、問題ないかと思います・・・
普通のレンズを付けてフルサイズで撮って、色収差も、周辺の光量不足も、歪みも気にならない人ならば、いいんじゃないでしょうか・・・
ただ、デジタル一眼に、銀塩用の旧レンズを付けるのは面白いですしコスト的にもいいと思いますが、ピントがずれたりとか、CCDのゴミとか、そういう点でケンケンガクガクなのならば、EOSでもDでも素直に、デジタル用レンズを使った方のがいいと思いますよね?
それに、実際、写真というのは画素数が全てじゃないです。(苦笑)
E-1の画像は、確かに画素数が500万なので、遠景等の描写が苦しい場合もありますが、実写画像を見たらば、分かります。
ダイナミックレンジが全然違います。
色が違うんです!
これはCCDだけではなく、レンズや、ボディの性能も寄与しているのでしょうが。
E-1はフルフレームCCDですし!
でも、ちょっとフジのスーパーハニカムCCDのSRは脅威です・・・(S3Proも気になります)
でも、そう考えると、デジ一眼って、実際には、結局新マウントのがレンズは優位ですよね。(苦笑)
また、実際は、大きいCCDでも、一画素辺りの集光面積、CMOSかCCDか、ローパス・フィルター・・・etc
そしてコスト・・・
生産時の歩溜りの問題。
大きいCCDを作るのは、設計・生産側から言えば、悪夢です・・・
大体大きいのが良ければ、LSIだって性能を上げるのに大きく設計すれば良い訳です。
ですが、実際は、チップサイズをそのままで、集積度を上げて、性能を上げます。
そんな単純な物じゃないですしね。
そう考えると、本当に4:3はベストサイズなんですよね。
パソコンで使う時や、プリンタでプリントするときも良いサイズ何ですよね。
645と同じサイズですし。
自分は六つ切りや四つ切りの画角が好きなので、通常の3:2のワイドな画角よりいいと思います。あと4:3だと縦位置が決まって、とても楽しいんですよね!
あと、こう見ると、全然、小さくないですよ、4:3のCCDって?
実際、フルフレームなので、APS-CのCMOSよりダイナミックレンジも高いんですから!
Chips-thumb.jpg
ただ、画像処理関係は、キヤノンは、DiGiCが完成したので、もう「キヤノンの絵」というものが、キヤノンはある程度確立しちゃいましたよね。
これは凄いですよね。
こういうのは、コダックやフジなど、フィルムメーカーの土壇場でしたが、その領域にまで入って来ました。
でから、キャノンの絵が好きな人は、安心してキャノンを買えますよね。
しかし、きちんと世代交代と売り上げ増?そしてシェアの確保、技術革新を続けるキヤノンの実力!は凄いです。
あと、これを読むと、自分はキャノン否定派の様に聞こえますので、弁明を。(笑)
やっぱり、レンズはキャノンが、蛍石、Doレンズ、手振れ補正、etc.と新技術を出し続けていますし、回路系も、キャノンの進歩は素晴らしいですよね。
プリンタ込みで、デジタルイメージのソリューションを提案していますしね。
でも、自分は、???となります。(苦笑)
多くの人に幸せを与えていますが、それが全てじゃない様な気もしますし。(笑)
そう考えると、今後サイドパーティが更に出てくれば、フォー・サーズにも面白味が出てきますよね。
まぁ、まだまだ不器用なフォー・サーズ・システムですが、今後にも、ちょっと期待ですね!

広告